相続の放棄について

相続すると被相続人の財産を受け継ぐことになりますが、もし被相続人に借金があれば当然借金も受け継ぐことになります。このような事態を避けるために、相続を受け継がない制度があります。

相続の放棄について(つづき)

方法

(1)家庭裁判所への申述(しんじゅつ)

相続放棄するには、家庭裁判所へ「相続放棄申述書」というものを提出します。そして認められれば相続を放棄したということになります。

(2)相続放棄の期間 

相続放棄ができる期間があります。法律では「相続の開始があったことを知った時から3カ月以内」とされています。つまり、被相続人が死亡したことを自分が知った時から3カ月以内ということです。

また、相続財産が多く複雑で調査に日数がかかる場合は、利害関係人が家庭裁判所に申請すれば、3カ月の期間を延長してもらうことも可能です。

相続放棄

相続放棄できない場合

必ず相続放棄ができるとは限りません。相続放棄前に被相続人の財産を使用すると相続放棄できません。例えば、葬式や香典返しの費用を被相続人の預貯金で賄う場合等が該当します。

相続放棄の撤回

いったんなした相続放棄は撤回することができません。例えば、被相続人の財産には借金だけしかないと思い相続放棄したが、後に莫大な財産が出てきたので相続放棄がなかったことにするということはでないということです。

しかし、相続放棄が詐欺・脅迫等が原因である場合には、相続人の意思に反して行われたことになるので放棄の撤回は可能です。

このように相続放棄は、受け継いだ財産で生き残った人が損害を受けないように配慮された制度です。

HOME | 相続の承認 | 相続の放棄 | 相続の排除 | 普通方式の遺言 | 特別方式の遺言 | 遺言の実現

Copyright 相続遺言かんたんガイド All rights reserved.