普通方式の遺言について

一般的に書かれている遺言には、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3通りの書き方があります。それぞれの書き方が違いますので順に見ていきます。

普通方式の遺言について(つづき)

自筆証書遺言

(1)自筆であること

遺言者(遺言をする人のこと)が遺言内容全文を自分で書きます。この場合は、自筆でなければならないので例えばワープロでの筆記は無効となります。

(2)日付を書くこと

遺言書を書いた日付を書きます。日付がなければ無効です。例えば、「○年○月吉日」と書かれた遺言は無効としている判例があります。

このように、自筆証書遺言は時・場所等関係なく手軽に作成できますが、第三者のチェックがないために書き方に不備があると無効になる可能性が高くなる書き方です。

遺言状

公正証書遺言

(1)証人を決める

2人以上の証人を決め、遺言作成時に立ち会わせます。証人は未成年者や推定相続人(相続を受ける可能性のある人のこと)はなれません。

(2)公証人への口授(くじゅ)

遺言者が公証人(法的な書類を認める人のこと)に遺言内容を話し、公証人がこれを筆記します。

(3)承認と署名・押印

遺言者と証人が遺言の内容を承認し、署名・押印します。

このように公正証書遺言は、公的立場にある公証人が作成するので信頼性が高く、又間違いも少ないので今日最も多く使われています。

秘密証書遺言

(1)署名・押印

自筆で書きますが、自筆証書遺言と違いワープロ等で書いても構いません。しかし、署名は自筆が原則で、そして押印します。

(2)封印

遺言書を封印します。封印には、署名の際に押印した印と同じでなければなりません。

(3)封書の提示と申述

遺言者が、公証人と2人以上の証人に自分の遺言書であることと、筆者の住所と氏名を伝えます。

このように秘密証書遺言は、遺言の存在は明確にしておき、遺言内容を秘密にするやり方です。

HOME | 相続の承認 | 相続の放棄 | 相続の排除 | 普通方式の遺言 | 特別方式の遺言 | 遺言の実現

Copyright 相続遺言かんたんガイド All rights reserved.