特別方式の遺言について

普通方式遺言は被相続人が元気な時に作る遺言です。しかし、急な病気や事故等で死期が迫り、元気な時に作れない可能性もあります。そのような場合に備えてできた制度が「特別方式」という遺言の作成の仕方です。

特別方式の遺言について(つづき)

以下に主なものを紹介してありますので、要件とともに見ていきます。

一般危急時遺言

急な病気やケガ等で、死亡が迫っている時に行う遺言です。

(1)証人

3人以上の証人を決め、遺言作成時に立ち会わせます。

(2)口授と筆記

遺言者が証人の1人に対して遺言内容を話し、それを受けた証人が筆記します。

(3)読み聞かせ

証人が筆記した内容を遺言者と証人全員に読み聞かせます。

(4)承認と署名・押印

証人全員で内容が正確であることを承認し、遺言書に署名・押印します。

(5)家庭裁判所の確認

遺言の日から20日以内に、証人の1人又は利害関係人は家庭裁判所に対して遺言の確認を受けます。

(6)失効

遺言者が普通方式で遺言をすることができるようになった時、つまり死亡の危機が去った時から6ヶ月間生きていると遺言書は無効です。

遺言

難船危急時遺言

船や飛行機が確実に沈没・墜落に向かっており、死亡が迫っている時に行う遺言です。

(1)証人

2人以上の証人を決め、遺言作成時に立ち会わせます。

(2)口授と筆記

証人の1人が遺言者から遺言内容を聞き、それを筆記します。尚、一般危急時遺言のように「読み聞かせ」はしません。

(3)家庭裁判所の確認

一般危急時遺言では「20日以内」に家庭裁判所に確認を受けなければなりませんが、難船危急時遺言では「遅滞なく」、つまりすみやかに確認を受ければよいことになっています。

(4)失効

遺言者が普通方式で遺言をできるようになった時、つまり船や飛行機の沈没・墜落の危機が去った時から6ヶ月間生きていると遺言書は無効です。

 

HOME | 相続の承認 | 相続の放棄 | 相続の排除 | 特通式の遺言 | 特別方式の遺言 | 遺言の実現

Copyright 相続遺言かんたんガイド All rights reserved.