相続の承認について

人が死亡すると財産を相続人が受け継ぎます。しかし、その財産を受け継ぐか否かは、相続人が「承認」するか否かにかかってきます。そして法律(民法)では2種類の「承認」があり、相続人自身でどちらか有利な方を選択できます。

相続の承認(つづき)

単純承認

(1)意味

単純承認とは、被相続人の全ての財産を受け継ぐというものです。この単純承認には特別な手続きは必要ありません。相続人が「3カ月以内」に何ら手続きを取らなければ自動的に単純承認したとみなされます。では、単純承認したとみなされる時とはどんな時でしょう。

(2)方法

 (ア)相続人が財産の全部か1部を処分したとき

つまり、相続財産を誰かに渡したりすることが該当します。

 (イ)相続財産の全部や一部を隠したとき

相続財産があるのに、相続人自身で財産がないかのように隠すことが該当します。

相続承認

限定承認

(1)意味

限定承認とは、相続財産にはプラスが多いかマイナス(借金等)が多いか分からない時にする方法です。これは、相続で得たプラスの財産の範囲内でマイナス分を払うやり方です。

(2)方法

 (ア)相続を受ける人全員で限定承認すること

例えば、相続人中1人でも単純承認をすれば、限定承認をすることはできません。

 (イ)3カ月以内に家庭裁判所に申請すること

相続開始を知ったとき、つまり被相続人が死亡したことを知った時から3カ月以内に家庭裁判所に限定承認の手続きをとります。

この時、手続きをとる裁判所は被相続人の最後の住所地の家庭裁判所で手続きをとります。例えば、被相続人が大阪に住み、相続人が東京に住んでいたとします。この時は、大阪の家庭裁判所で限定承認の手続きをとります。

このように、相続人が負の財産を受け継いで生活に苦しむことのないように、法律は配慮して2種類の制度を用意しています。

HOME | 相続の承認 | 相続の放棄 | 相続の排除 | 普通方式の遺言 | 特別方式の遺言 | 遺言の実現

Copyright 相続遺言かんたんガイド All rights reserved.